*

実は相模原発祥ブックオフ 町田にはブックオフ通りが存在する!

公開日: : 最終更新日:2015/02/19 ネタ, 商店 , ,

それまでの古書店が「本買います」という文句を掲げて営業していたところを、「本お売りください」というフレーズに変えて成功への道を上ったといわれている、古書店業界首位のブックオフ。実はこのブックオフの1号店というのは、相模原市内にできたものだ。
相模原市内といっても、藤野とかではない。1号店の所在地は相模原市中央区千代田。現在1号店は閉店しているものの、本社所在地は相模原市南区古淵であり、本店的な存在は古淵駅前店となるだろう。じっさい相模原の企業だ。

ブックオフ町田中央通り店と”ブックオフ通り”

ブックオフの店舗といえば、同業他社にもある小型店舗以外に、ビル1棟がまるごとブックオフというような巨大店舗の姿も思い浮かぶかもしれない。この巨大店舗の先駆けとなったのが、町田街道沿いにあるブックオフ町田中央通り店。町田中央通り店は長らく”日本一のブックオフ”というキャッチフレーズを掲げて営業していた。

東京都町田市原町田4-4-8

その後、東急ツインズに移転するなどの紆余曲折を経て、現在ではBOOKOFF SUPER BAZAAR 町田中央通りという名前で元通り営業している。ブックオフのある通りには延々とブックオフのブルーとオレンジのフラッグがつけられているから、ブックオフ通りと言って大体通用する。

ブックオフ通り。見渡す限りフラッグが

ブックオフ通り。見渡す限りフラッグが

町田に実験的な店舗の出店が多いということは、繰り返し紹介しているところであるけれど、見方によってはブックオフもまた町田を実験台として巣立っていった企業なのかもしれない。

ブックオフトリビア色々

町田が育てたブックオフ(ここ強調)、マニアにはおなじみであろうが、色々と面白いトリビアが沢山存在する。

看板キャラクターには名前や設定がある

ブックオフの看板に登場する、丸顔のキャラクター。アレの名前は「よむよむ君」という。屈託の無い笑顔が魅力的なよむよむ君だが、キャラクター設定によると46歳、2児の父である。
6歳と4歳の子供の名前は、最近ブックオフ1時間貸切+10万円という賞品を付けて公募していた。そんな細かい設定を作ってどうするつもりなのだろう?
ちなみによむよむ君はゆるキャラグランプリ2014に参加中である。そのPRなのかわからないが、町田中央通り店の前には着ぐるみが立っていた。不気味である。

よむよむ君(46歳)

よむよむ君(46歳)

前社長はパートのおばちゃん出身

相模原市の一中古書店として始まったブックオフ、初代社長は創業者の坂本孝氏であるが、2代目社長になったのは1号店で時給600円のパートタイマーとして働いていた橋本真由美氏である。1号店の開業時に既に40代であったというから、パートのおばちゃんが社長にまで上り詰めた話として異色である。

本人著書

このおばちゃんはタレント清水国明の実姉らしく、店内放送で唐突に清水国明が出てくるのはそのせい。

ハードオフは別会社

ブックオフとセットの存在だと思われている古物店のハードオフ。実はこの会社は新潟県発祥の全然別の会社である。ロゴも似ていてまぎらわしい…けれどもどちらかの会社が2番煎じのパチものというわけではなく、友好的な関係にあり、お互いがお互いのフランチャイズチェーンに加盟している(ややこしい)。
ブックオフの店舗の場合は、大体”B”の文字で始まる店舗名である(BOOK・OFF、B・HOUSE、B・KIDSなど)。それ以外のHARD・OFFやらMODE・OFFやらOFF・HOUSEやらの店舗がハードオフコーポレーションのものである。

(2015年3月31日をもって、ハードオフのフランチャイズ契約を解除するそうだ。これによりブックオフ内で家電なども販売できるようになる。結局この相互フランチャイズ契約というのは、同じ古物商として同業種に進出してくるのを食い止めるために結ばれていたものなのかもしれない)

ブックオフ内の新刊書店は流水書房

ブックオフコーポレーションは2008年に青山ブックセンターの営業権を取得している。青山ブックセンターの系列店として、流水書房というデザイン書などを得意分野とする書店が存在していた(フジテレビ社屋内などにもある)わけだが、ブックオフでは既存の流水書房の営業を引き継ぐとともに、中古書店ブックオフの店内新刊書店にもこの流水書房の名称を使っているようである。
したがって、新刊を扱うブックオフの外壁には流水書房のロゴも書かれていることが多い。一見すると流水書房が元の店舗名で、フランチャイズに加盟してブックオフになったかのように見える。まぎらわしい。

スポンサードリンク

関連記事

ターミナルプラザ遠景

町田の来街者は減少傾向で、特にターミナルプラザ側がひどいとの調査だけれど

「来街者」という概念を初めて聞いたけれど、とにかく町田商工会議所では毎年そうした数字を調査によりはじ

記事を読む

no image

サッカーJ3リーグの武相決戦・相武決戦 今年からは翌年の呼称を賭けたダービーマッチに

現在サッカーのJ3リーグを戦場として戦っている、町田市のFC町田ゼルビアと相模原市のSC相模原。この

記事を読む

no image

町田マルイリニューアル「猿カフェ」出店に学ぶ町田という街の使い方

町田のマルイがリニューアルオープン!これまで町田に存在しなかったかようなテナントが、利用客を集めて行

記事を読む

no image

東急こどもの国線は延伸妄想のはかどる路線である(1)

町田市周辺の鉄道路線図を見ていると、子供でもわかるような間違いがひとつあることに気付く。 まず

記事を読む

no image

町田ゼルビアが大分トリニータとのJ2・J3入替戦 負けたら国鉄町田駅を返上しよう

毎年末になるとリーグ昇格か降格の争いをしているイメージのある忙しいサッカークラブ、FC町田ゼルビア。

記事を読む

no image

多摩都市モノレールの八王子駅延伸ルートは、町田市が神奈川県になった場合の保険だった?

去る6月30日に、多摩都市モノレールの町田駅延伸を目指すシンポジウムが町田市内で行われ、延伸が各所で

記事を読む

no image

相模原市と座間市の大凧まつり

相模原市と座間市は仲の良い兄弟みたいなものという記事をこの間書いた。書いたとも! 仲の良さを象徴す

記事を読む

no image

武装ざまりん登場 相模原市との国境問題に一石か

何気なくニュースをチェックしていた際に目に入ったヘッドライン。 「ざまりん、武装」(毎日新聞)

記事を読む

意味も無く相模大野駅構内の写真

サッカーJ3武相決戦の横断幕「町田発ロマンスカー 相模大野は通過点」はホント?

武相決戦または相武決戦と呼ばれる諍い 相模原市にて2008年、元日本代表の望月重良氏が中心とな

記事を読む

no image

横浜線にE233系車両お目見え AKBの「チーム神奈川」が町田駅等でPR

オンボロ車両で有名な横浜線が、25年ぶりに新型車両を導入するようだ。今回導入されるのは、首都圏の通勤

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

照明に調度品にとにかくオシャレ
蔵家 SAKELABO 酒販店の角打ち居酒屋に隙がない!

町田駅周辺に充実してきた立ち呑み居酒屋。その中でも是非紹介しておきたい

日本酒はおちょこに注がれる。この色味はひやおろし!
立ち呑み栗原 町田駅1分の日本酒スタンドが便利!

町田の夜の街に繰出す前に、とりあえず日本酒をあおっていくスタイルを完成

牛スープのベトナムフォーセット
座間駅前の”HOME” お粥とフォーの専門店が美味い!

町田市とその周辺をネタにするサイトとして、とっても大好きな座間市。なに

no image
キャンプ座間オクトーバーフェスト2017開催&町田オクフェス今年は無し?

毎年基地の一般開放デーに様々なイベントを行っている、在日米陸軍のキャン

no image
東急こどもの国線は延伸妄想のはかどる路線である(2)

前回のおさらい。町田市周辺の鉄道路線でひとつだけおかしいところを挙げる

→もっと見る

PAGE TOP ↑