*

フットサルFリーグ 境川決戦というダービーがありまして…

公開日: : 地理 , , , ,

サッカーJ3リーグを舞台とした、FC町田ゼルビアとSC相模原のダービーマッチに、武相決戦ないし相武決戦という名前がつけられちなみに今年3回あった決戦は町田が3連勝を飾り、先輩の意地を見せた…という話は以前した。
同じリーグで2チームが争うのは初めてで、それゆえにダービーマッチ新名称の定着もすんなりと行われたように思う。まあ、もしまだ定着していなくても、町田が1ポイント差でJ2昇格圏を逃しJ3に留まることになったので、来年中にはきっと定着してくれることだろう。

境川決戦というダービーマッチ

以前この2チームの争いは、町田と相模原を象徴的に分ける河川の名前をとって、境川ダービーなどと呼ばれていた。分かり易い名称であったので、何故名称を新たに公募してまで変更してしまったのか気になっていたのだが、フットサルのFリーグに同じく境川を区切りにした、境川決戦という名前のダービーがあり、そちらとの混同を避けたのではないかという気がしてきた。
Fリーグにおける境川決戦は、ペスカドーラ町田と、湘南ベルマーレの2チームの対決のことである。湘南ベルマーレは今年サッカーJ2リーグを制したサッカークラブの名称でもあるが、サッカーのみならず様々なスポーツ振興を目的とした湘南ベルマーレスポーツクラブというNPO法人のもと、ビーチバレー、ソフトボール、トライアスロンなどのチームが活動しており、同じ湘南ベルマーレを名乗っているのである。その中に、フットサルの湘南ベルマーレも含まれるのだ。

境川って、どこの境川だよ…

でも、湘南ベルマーレの本拠地として真っ先に思い浮かぶのは平塚市である。町田のチームと平塚のチームが境川の名前を冠したダービーを行うというのは、かなり無理があるのではないだろうか。
これについては、両者が実は同じチームを源流とした切っても切れない関係にあり、度重なる本拠地の変更などの歴史を加味した結果、実は両者の因縁が境川の両岸に分かれたダービーであった!という総括がされ、境川決戦と名付けられたという経緯らしい。
って、ペスカドーラ町田公式サイトの境川決戦をあおるページが説明していた(笑)。

境川決戦概要(ペスカドーラ町田公式サイト)

相関図を見ると、まるでヘヴィメタルバンドのような脱退・再結成ぶりである(笑)。まず1993年にできたエスポルチ藤沢というチームが、1999年頃にカスカヴェウ東京と、神奈川県南部で活動するロンドリーナというチームに分かれる。その後互いの人員移動などもありつつ、2007年にカスカヴェウはペスカドーラ町田に、ロンドリーナは湘南ベルマーレブランドで新たにスタート(ロンドリーナの名称は下部組織名として残る)、ホームタウンが小田原市に決まるという経緯のようだ。確かに町田と小田原の間を境川は片瀬川という名称に変化しながら流れているが…藤沢から町田に行ったという出来事を、境川を渡ったと表するのは、かなりの無理があるような気がする。
そんなわけで、Fリーグの境川決戦がイメージしている境川は、南北30km以上にもわたる縦に長い境川である。これがサッカーJ3の町田対相模原でイメージされる、町田市の堺に対応する東西に長い境川とは異なるため、イメージの混同を避けたという説を推しているのだけれど、どうでしょう?

武相決戦・相武決戦というネーミング

サッカーの町田・相模原ダービーにつけられた武相決戦ないし相武決戦というネーミングは、Fリーグの境川決戦から多少の影響を受けているかもしれない。もしかしたら、境川を挟んだダービーに対する先行イメージのせいで、地理的に分かり易い境川を使用できなくなったことへの、少々の意趣返しも含まれているネーミングなのかもしれない。
サッカーの新たに決定したダービー名称が秀逸に思えるのは、町田側のホームで開催されるゲームが武相決戦、相模原側のホームで開催されるゲームが相武決戦と呼ばれるということに、それぞれの心をくすぐるものが少しだけあるということである。たとえば、町田側からの武相という名称は、故白須次郎が武州相州の境に営んだ邸宅、「武相荘(ぶあいそう)」を想起させる。そして、武相荘は町田市にあるので、武州相州の境界部分は武州(というより町田市)の管轄だということになり、ちょっと気分がいい。ひいては、町田市が境川周辺の堺を所有していることの裏付けにもなる。
相模原側から見ると、相武という名称は昭和天皇が命名した陸軍士官学校の「相武台」を連想させる。ひいては、大ドイツ主義ならぬ大相模原主義の、幻の市名「相武台市」を連想することになる。大相模原市は戦後の座間市の独立により解消されたけれども、相武決戦により相模原が相武の名の守護者となることで、現座間市の相武台まで相模原の管轄であるという正当性がアピールできて、ちょっと気分がいい。

こういった具合に、サッカーにおける町田と相模原の対決は持ちつ持たれつ、欧州情勢は複雑怪奇なりといった事情があるようである。まあ、境川をダービーの名称にしてしまうと、一部でガチな対立になってしまうから、巧みに避けているという面もあるのかもしれないけれども。

スポンサードリンク

関連記事

no image

多摩都市モノレールの八王子駅延伸ルートは、町田市が神奈川県になった場合の保険だった?

去る6月30日に、多摩都市モノレールの町田駅延伸を目指すシンポジウムが町田市内で行われ、延伸が各所で

記事を読む

no image

南多摩郡町田市

タイトルの南多摩郡町田市というのは、もちろん実在しない、したことのない自治体名である。 それでも、

記事を読む

no image

神奈川県町田市はどこにあるの?

うるわしき神奈川県町田市 神奈川県の町田市は、東京都の島嶼部を除いた一番南に申し訳無さそうにく

記事を読む

意味も無く相模大野駅構内の写真

サッカーJ3武相決戦の横断幕「町田発ロマンスカー 相模大野は通過点」はホント?

武相決戦または相武決戦と呼ばれる諍い 相模原市にて2008年、元日本代表の望月重良氏が中心とな

記事を読む

no image

相模原人・町田人のソウルリバー 境川

町田市を素っ頓狂な形にした張本人が、境川だ。境川の名前は、かつての律令制において武蔵国と相模国の自然

記事を読む

no image

相模川河川敷の大凧まつり 相模原市と座間市でそれぞれ開催

相模原市と座間市は仲が悪いのではないか?とこのサイトでは何回かネタにしてきたけれども、実際にはそのよ

記事を読む

no image

小田急多摩線の町田市内駅予想などを見ると、そんな所に駅作ってどうするのという気になる

町田市の大部分は山だ。何しろその市域の形状から印度亜大陸に喩えられる町田市であるから、東京都との結節

記事を読む

no image

町田は神奈川県なのか?東京都なのか?不安を煽るヨドバシ町田駐車場

町田市が神奈川県にあるのか、あるいは"まさか"東京都にあるのか。人によって色々な意見があるだろう。も

記事を読む

no image

町田市の形がなんかおかしい

町田市の形は何かがおかしい。神奈川県町田市の紹介でも触れたことだけれど、ジグソーパズルのピースで言え

記事を読む

no image

横浜市と川崎市が合併しちゃえばいいような気がしてきた

合併自治体の何が嫌かって、大抵東西に長い。 浜松市のような例外はあれど、大抵は東西に長く不格好だ。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

ビニールシートを持参すると捗る
町田シバヒロの大江戸ビール祭り 町田にビアフェスが帰ってきていた!

旧町田市役所本庁舎の跡地を利用して2014年5月にオープンした芝生広場

ニュータンタン
隣の芝生のニュータンタンメン

神奈川県はヘンなご当地ラーメンの宝庫である。家系ラーメンとか、サンマー

辛麺真空の"山"
町田駅 辛麺真空 胃壁に張り付きそうな激辛汁!

町田駅でラーメン食べる!と意気込んで、色々と探した挙げ句、結局面倒臭く

照明に調度品にとにかくオシャレ
蔵家 SAKELABO 酒販店の角打ち居酒屋に隙がない!

町田駅周辺に充実してきた立ち呑み居酒屋。その中でも是非紹介しておきたい

日本酒はおちょこに注がれる。この色味はひやおろし!
立ち呑み栗原 町田駅1分の日本酒スタンドが便利!

町田の夜の街に繰出す前に、とりあえず日本酒をあおっていくスタイルを完成

→もっと見る

PAGE TOP ↑