*

小田急町田駅とJR町田駅の乗り換え

公開日: : 鉄道 ,

小田急町田駅とJR町田駅。この兄弟舟の2駅は、実は他人の距離感である。地図で見れば一目瞭然だが、

東京都町田市原町田一丁目1-36

こんなに離れている。おかげで小田急線とJR横浜線のスムーズな乗り換えを期待して降りた人は、ペデストリアンデッキを走らないといけない。しかも、急いでいる時に限ってパフォーマーや選挙の候補者などが行く手を遮る。必ず。

何でこんなに離れているかというと、商店街の都合だ。元々はもっと離れていて、これはまずい、くっつけようという話になった時、商店街がくっつけられたら商売上がったりだ!と息巻いたため、中途半端な距離が残された。結局、この2駅の間はペデストリアンデッキで渡るわけだから、商店街もへったくれも無い。結局商売上がったりだよね。

他人っぷりを表わすエピソードとして、最近まで乗り入れ定期が無かったということが挙げられる。そんなにお互いが嫌いなのか!
名前も、JRと小田急で決して同じ名前を使わないよう張り合ってきた。JRは「原町田」、小田急は「新原町田」として開業して、お互いに短い名前合戦を続けた結果両駅とも町田に落ち着いている。そのうち、「町」駅とかになるはず。26万年後くらいかな。
いっそのこと小田急がお得意の国名付けを発揮して、「相模町田」駅とかにすればよい。あるいは、「神奈川県町田」。これで東京都に間違われることも無い。

スポンサードリンク

関連記事

no image

2014年の武相決戦・相武決戦は町田が三連勝で終わる

サッカーJ3リーグに共に在籍中のFC町田ゼルビアとSC相模原の戦いは、町田のホームゲームの場合武相決

記事を読む

JR橋本駅

相模原市内にできるリニア中央新幹線駅について、座間市から懸念の声

首都圏ではいま最も鉄道路線建設・延伸の動きがあると言える町田・相模原エリア。つい先日5月26日には、

記事を読む

no image

相模原市で8月31日に行われる「流しそうめん世界大会」

相模原市で一番ホットな話題と言えば、リニア中央新幹線の開通と、橋本駅付近への停車駅設置。リニアは20

記事を読む

ツインズ接合部。背景に109

多摩都市モノレールの町田駅延伸計画

町田市の形状は、堺を除くとほぼ三角形である。その三角形の市域のうち、各辺の部分に当たるエリアの鉄道は

記事を読む

no image

東急こどもの国線は延伸妄想のはかどる路線である(1)

町田市周辺の鉄道路線図を見ていると、子供でもわかるような間違いがひとつあることに気付く。 まず

記事を読む

ターミナルプラザ遠景

旧国鉄原町田駅跡地 町田ターミナルプラザ

現在のJR町田駅は、1980年に小田急線の町田駅側にググっと近づけたものだという説明を、再三再四にわ

記事を読む

no image

横浜線にE233系車両お目見え AKBの「チーム神奈川」が町田駅等でPR

オンボロ車両で有名な横浜線が、25年ぶりに新型車両を導入するようだ。今回導入されるのは、首都圏の通勤

記事を読む

no image

小田急多摩線を延伸するため 相模原市民による署名活動など

小田急多摩線という、総延長わずか10kmの路線がある。小田急小田原線の新百合ケ丘駅から出て、ターミナ

記事を読む

no image

リニア開通に向けて 相模原→名古屋→飯田間でのマーモセット外交

「パンダ外交」という言葉がある。この言葉は中国共産党が動物園の人気者、パンダの貸与を外交ツールとして

記事を読む

no image

多摩都市モノレールの八王子駅延伸ルートは、町田市が神奈川県になった場合の保険だった?

去る6月30日に、多摩都市モノレールの町田駅延伸を目指すシンポジウムが町田市内で行われ、延伸が各所で

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

ニュータンタン
隣の芝生のニュータンタンメン

神奈川県はヘンなご当地ラーメンの宝庫である。家系ラーメンとか、サンマー

辛麺真空の"山"
町田駅 辛麺真空 胃壁に張り付きそうな激辛汁!

町田駅でラーメン食べる!と意気込んで、色々と探した挙げ句、結局面倒臭く

照明に調度品にとにかくオシャレ
蔵家 SAKELABO 酒販店の角打ち居酒屋に隙がない!

町田駅周辺に充実してきた立ち呑み居酒屋。その中でも是非紹介しておきたい

日本酒はおちょこに注がれる。この色味はひやおろし!
立ち呑み栗原 町田駅1分の日本酒スタンドが便利!

町田の夜の街に繰出す前に、とりあえず日本酒をあおっていくスタイルを完成

牛スープのベトナムフォーセット
座間駅前の”HOME” お粥とフォーの専門店が美味い!

町田市とその周辺をネタにするサイトとして、とっても大好きな座間市。なに

→もっと見る

PAGE TOP ↑