*

多摩都市モノレールの町田駅延伸計画

町田市の形状は、を除くとほぼ三角形である。その三角形の市域のうち、各辺の部分に当たるエリアの鉄道は、一応何かしらの形で用意されている(市域はほとんど通っていないけれど)。
一方で、町田市を南北に縦断する鉄道というのは無い。多摩丘陵のとてもボリューミーな部分にあたるから、わざわざそこに鉄道を通さないということなのだろうけど、こうした交通の核が無い状態が、町田市のアイデンティティを不安定にしているとも言える。三角形の各辺で隣接する自治体に帰属意識をもってしまっても仕方が無い。

多摩都市モノレールの町田駅延伸計画

町田駅を南北に貫く鉄道の計画は無いわけではない。というより、路線だけならば多摩都市モノレールが町田市手前の多摩センター駅まで延びており、そこから町田駅までの延伸を行うというのは、線形としてみても合理的である。区間によっては既存幹線道路の上を通せば良いモノレールは建設にあたり用地買収における障害なども少なく、実際に多摩都市モノレール側が着手することを決めればすぐにでも工事が始まり、開通にこぎ着けるだろう、とのことで、町田市側も「多摩都市モノレール町田方面延伸協議会」を設立し各方面への要望を行っている。その一環、目指すところは2015年に開かれる交通政策審議会での、「検討路線」から「整備路線」への格上げだ。

延伸可能性を左右するとされる、2015年の交通政策審議会とは

小田急多摩線の相模原・厚木方面への延伸の話でも出てきた、交通政策審議会について補足も兼ねて説明をしよう。交通政策審議会とは、国土交通省内に設置された審議会で、交通政策の重要事項を調査審議の上、各関係大臣に意見陳述するもの。鉄道のみならず、船舶や航空輸送、観光、気象などについても、国土交通大臣の諮問によって審議を行う。
たとえば、ルートであるとか費用分析であるとかの情報がマスコミによって単発的に報道される感のあるリニア中央新幹線だが、交通政策審議会中央新幹線小委員会というところで審議が行われており、この審議において報告された内容がニュースとなって出ている。
さて、首都圏の鉄道輸送についての審議会だが、まだ国土交通省ではなく運輸省であった頃の2000年に運輸政策審議会として各未成路線について検討がされ、それぞれの路線について2015年までにどのようになっているべきかの格付けがされている。この中で、小田急多摩線の相模原方面延伸と多摩都市モノレール町田方面延伸は、「検討路線」の格付けを得ている。一方、多摩都市モノレールの箱根ケ崎方面延伸は「整備路線」つまり2015年までに着手されているべきものという格付けを得ている。
実際に「整備路線」の格付けを得ていながら、計画自体が無くなってしまった路線もあるため、「整備路線」すなわち必ず実現される路線というわけではないのだが、2015年の審議会でなお「検討路線」止まりであった場合、首都圏の鉄道建設における優先度は高くないという評価をもらってしまうため、また15年ほどもペンディングを甘んじて受け容れる事態になってしまう可能性がある。鉄道の延伸をもってしての都市開発が、15年以上先送りになることの保証をいただくに等しい。

神奈川県の都市にとっての死活問題

神奈川県の都市は、首都圏の拡張によりこれからの発展は保証されていながら、果たしてどの都市が中核的な役割を得ることが出来るかは予想の付かない状況であり、今後の鉄道路線の延伸如何でライバルを出し抜くことも可能なのである。というわけで、相模原市は署名を集めたりして余念がないのだ。
町田市はのほほんとしているどころか、相模原市にうまく乗せられて小田急多摩線の延伸に協力していたりする。小田急多摩線の延伸で堺あたりに一駅つくるそうだが、果たしてその申し訳程度の一駅と引き換えに、町田駅を殺すという危機感はあるのか、甚だ疑問である(小田急多摩線が、相模原経由で厚木まで延びてしまった暁には、町田はますます廃れるのでは)。

モノレールという絵空事の準備だけは抜かりない

ちなみに、町田駅の再開発があった際に、町田までモノレールが通るということは既に織り込み済みのことであった。その証拠が町田駅前にある。

ツインズ接合部。背景に109

ツインズ接合部。背景に109

東急ツインズに何故空中廊下が渡っているかというと、その下をモノレールが通るためである。そんな絵空事の準備だけは抜かりない。町田が人も寄り付かぬゴーストタウンとなった時、東急ツインズが長崎屋のようになっていなければ幸いである。

スポンサードリンク

関連記事

谷口跨線橋のレリーフ

小田急線撮影スポット 行幸道路上の谷口跨線橋

小田急の町田駅と相模大野駅はそれほど距離が離れておらず、時間が余ってしょうがない時などによく2駅間を

記事を読む

no image

相模原駅の地下化 JR横浜線・小田急多摩線ともに地下利用という市の意向が明らかに

昨年9月に行われた、在日米軍相模総合補給廠一部分の返還、国への引き渡し。それにより相模原市内でも未だ

記事を読む

意味も無く相模大野駅構内の写真

サッカーJ3武相決戦の横断幕「町田発ロマンスカー 相模大野は通過点」はホント?

武相決戦または相武決戦と呼ばれる諍い 相模原市にて2008年、元日本代表の望月重良氏が中心とな

記事を読む

no image

2014年の武相決戦・相武決戦は町田が三連勝で終わる

サッカーJ3リーグに共に在籍中のFC町田ゼルビアとSC相模原の戦いは、町田のホームゲームの場合武相決

記事を読む

no image

小田急町田駅とJR町田駅の乗り換え

小田急町田駅とJR町田駅。この兄弟舟の2駅は、実は他人の距離感である。地図で見れば一目瞭然だが、

記事を読む

ターミナルプラザ遠景

旧国鉄原町田駅跡地 町田ターミナルプラザ

現在のJR町田駅は、1980年に小田急線の町田駅側にググっと近づけたものだという説明を、再三再四にわ

記事を読む

no image

横浜線にE233系車両お目見え AKBの「チーム神奈川」が町田駅等でPR

オンボロ車両で有名な横浜線が、25年ぶりに新型車両を導入するようだ。今回導入されるのは、首都圏の通勤

記事を読む

no image

相模総合補給廠の一部が返還 相模原新都心計画がスタートか

去る9月30日、かねてより近日中の返還が噂されていた在日米軍相模総合補給廠の一部分17ヘクタールが、

記事を読む

no image

相模原市と座間市は仲が悪いというのはホント?

前回の記事では、2015年に行われる予定の交通政策審議会に向けての、神奈川県の自治体による既存路線延

記事を読む

no image

相模原市で8月31日に行われる「流しそうめん世界大会」

相模原市で一番ホットな話題と言えば、リニア中央新幹線の開通と、橋本駅付近への停車駅設置。リニアは20

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

ニュータンタン
隣の芝生のニュータンタンメン

神奈川県はヘンなご当地ラーメンの宝庫である。家系ラーメンとか、サンマー

辛麺真空の"山"
町田駅 辛麺真空 胃壁に張り付きそうな激辛汁!

町田駅でラーメン食べる!と意気込んで、色々と探した挙げ句、結局面倒臭く

照明に調度品にとにかくオシャレ
蔵家 SAKELABO 酒販店の角打ち居酒屋に隙がない!

町田駅周辺に充実してきた立ち呑み居酒屋。その中でも是非紹介しておきたい

日本酒はおちょこに注がれる。この色味はひやおろし!
立ち呑み栗原 町田駅1分の日本酒スタンドが便利!

町田の夜の街に繰出す前に、とりあえず日本酒をあおっていくスタイルを完成

牛スープのベトナムフォーセット
座間駅前の”HOME” お粥とフォーの専門店が美味い!

町田市とその周辺をネタにするサイトとして、とっても大好きな座間市。なに

→もっと見る

PAGE TOP ↑