*

セントパトリックス・クラフトフェスティバル 相模原にも米軍基地ビアフェスが

公開日: : 最終更新日:2018/03/12 イベント, グルメ, ネタ , , , , ,

諸君!ぜひご清聴をいただきたい。

座間市にあるものは、基本全て相模原市にもあるのである。

たとえばゆるキャラ。座間市はゆるキャラのざまりんを市の誇りとしているが…相模原市にはよりかわいらしいキャラのさがみんが居る!

たとえば子供の日に相模川で揚げられる大凧。座間市の凧は1つしか揚がらないが…相模原市はなんと4つも揚がる!ちなみに毎年凧に書かれる漢字が似通っているが、それは偶然だ!

諸君、今相模原市と座間市が対抗し合っているのでは?と感じたか。…まあそう思われても仕方がない

だがとにかく、座間市にあるものは全て相模原市にもあるのである。よしんば無かったとしたら…新たに作ってしまえば良い!

相模総合補給廠で、セントパトリックスデーのビアフェス開催!

…という思考ロジックが本当にあるのかどうかわからないが、在日米軍基地で行われるビアフェスとしてキャンプ座間のオクトーバーフェストが2014年と2016年に行われ盛況だったことにあやかってか、相模原市の相模総合補給廠でも今年からビアフェスが開催されるようである。
勿論、キャンプ座間の敷地の半分以上は相模原市に属するわけなのではあるが、キャンプ座間という名称であり、盛況だったとしても座間市の手柄に見える。ということで、将来的に相模原市の中枢になるであろうJR相模原駅周辺にビアフェスを持ってきたかったと妄想しておこう。あ、個人的にはざまりんもさがみんもそんなにかわいいとは思いません(やっぱりマチるダが、世界最高かわいいよね!)。

第一回セントパトリックス・クラフトフェスティバルの概要

今回新たに出来たセントパトリックス・クラフトフェスティバルであるが、アイルランドの聖人パトリック氏をまつったセントパトリックスデーというのが3月17日にあたり、この日は世界中でアイルランド系移民がはしゃぐ、街を緑色に染めるなどの大騒ぎが起こるのである。別にクラフトビールに関係するお祭りではないのだが、パブで緑色に着色したビールが提供されることが有名であり、ビアフェスの口実にもなるぞ!という天才的ひらめきがあったのかもしれない。

開催概要

日時
3月18日(土)・3月19日(日) 12:00〜21:00(入場は11:00より)
場所
在日米陸軍相模総合補給廠 入場は5番ゲート(JR相模原駅北口右手)より
地図
必要持参物
写真付き身分証明証
入場料
無料

ビールばっかり気になるけれども、クラフトフェスティバルのクラフトはハンドクラフトにもかかっており、手工芸品を販売するエリアもあるという。そしてバグパイプ等アイリッシュミュージックの演奏もあるので、アルコールがNGでも楽しめるだろう。この辺りも座間キャンプのオクトーバーフェストに同じ。

出展ビール等

ビールの購入はチケット制で、各国から99タップが揃うという(すごい!)。公式サイトで発表されているメーカーは以下のとおり。

セントパトリックス・クラフトフェスティバルの出展ビールメーカー
国・地域 メーカー名
ドイツ
  • CREW Republic
アメリカ
  • Brooklyn Brewery
  • Victory Brewing
  • Knee Deep Brewing
  • Funkwerks
  • Epic Brewing
  • Left Hand Brewing
  • Nebraska Brewing
  • Avery Brewing
  • Revolution Brewing
  • Smuttynose Brewing
  • Benchmark Brewing
  • Acoustic Ales Brewing
  • Schooner Exact Brewing
  • Georgetown Brewing
  • Boundary Bay Brewing
  • Rogue Ales
  • Lost Coast Brewery
  • Blue Moon
  • Kona Beer
  • Original Sin(シードル)
スコットランド
  • Brew Dog
ニュージーランド
  • Zeffer(シードル)
ベルギー
  • Kagua
  • John Martin Brewery
フランス
  • Brasserie du Pays Flamand
  • Brasserie ARDWEN
  • Brasserie Lepers
イングランド
  • Fuller’s Brewing
アイルランド
  • Guinness
  • Magners’
  • Kilkenny
日本
  • 常陸野ネスト
  • DevilCraft Tokyo Brewery
  • Brimmer Brewing
  • Far Yeast Brewing
  • ヘリオス
  • エチゴビール
  • ベアードブルーイング

転記間違いがあるかもしれないので、正確な情報は公式サイトの一覧で。一覧は随時更新っぽいのであるが、現状74銘柄しか載っていないし、肝心のアイルランドのメーカーが載っていないのでこれ以上あると期待して大丈夫だろう。きっと

アイリッシュパブエリアというものが追加されていた。まぁそりゃアイリッシュビールは、無ければ詐欺になる。
グリーンビールもアイリッシュパブエリアに繋がっているみたい。Have a nice St.Patrick’s Day!

ビアフェスの今後に期待!…していたけど…

出展ビールメーカーのラインナップを見ても結構充実しているので、このセントパトリックス・クラフトフェスティバルは恒例化して毎年99タップを取り揃えて欲しいものである。
あるいは、町田オクトーバーフェストに半分くらい出展者を回して欲しい。座間と相模原で競い合うのも良くないし、これが一番中立的な解決!漁父の利!

…と思っていたら、2018年に神速でイベントがなくなっていました。ここは町田オクトーバーフェストを真似てみたのだろうか。まあ第一回セントパトリックス・クラフトフェスティバルのイベントとしての評判を見ればさもありなん。

スポンサードリンク

関連記事

ビニールシートを持参すると捗る

町田シバヒロの大江戸ビール祭り 町田にビアフェスが帰ってきていた!

旧町田市役所本庁舎の跡地を利用して2014年5月にオープンした芝生広場、町田シバヒロでは、これまでに

記事を読む

no image

相模原市と座間市の大凧まつり

相模原市と座間市は仲の良い兄弟みたいなものという記事をこの間書いた。書いたとも! 仲の良さを象徴す

記事を読む

no image

町田マルイリニューアル「猿カフェ」出店に学ぶ町田という街の使い方

町田のマルイがリニューアルオープン!これまで町田に存在しなかったかようなテナントが、利用客を集めて行

記事を読む

no image

東急こどもの国線は延伸妄想のはかどる路線である(1)

町田市周辺の鉄道路線図を見ていると、子供でもわかるような間違いがひとつあることに気付く。 まず

記事を読む

オクフェスのステージとテント

シバヒロで行われる町田オクトーバーフェストに行ってきた

かつて町田の市庁舎があった土地にオープンした、だだっ広い芝生、シバヒロ。イベント会場として有効活用さ

記事を読む

なるとのラーメン大盛りヤサイアブラカラメ魚粉

生田駅の二郎インスパイア系 麺処 なると

今回は町田を離れて、川崎市多摩区の生田までお出かけ。 そもそも生田ってどこ? 生田駅とい

記事を読む

no image

町田さくらまつり2015 3月28日(土)より複数会場で開催!

東京都心のソメイヨシノの開花が報じられたのが、今週の月曜日。同じ東京都内の町田の開花はそれより後にな

記事を読む

no image

町田ラーメン祭など 食イベで動き始めるシバヒロ

ちょうど一ヶ月前には町田オクトーバーフェストが開催されていた、旧市役所跡地のシバヒロ。とにかく街の中

記事を読む

飯田駅の駅舎

リニアで繋がるって言うし飯田市に行ってきた

2027年に開業するリニア中央新幹線で、品川→相模原→甲府の次に停車駅となるはずの、飯田市。正直リニ

記事を読む

no image

キャンプ座間オクトーバーフェスト2017開催&町田オクフェス今年は無し?

毎年基地の一般開放デーに様々なイベントを行っている、在日米陸軍のキャンプ座間。春のさくら祭りに始まり

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

入口。大江戸ビール祭りののぼり
シバヒロの大江戸ビール祭り2019 & 納涼大人の夏祭り

2014年、かつての町田市役所があった場所に芝生のイベント会場として生

ビニールシートを持参すると捗る
町田シバヒロの大江戸ビール祭り 町田にビアフェスが帰ってきていた!

旧町田市役所本庁舎の跡地を利用して2014年5月にオープンした芝生広場

ニュータンタン
隣の芝生のニュータンタンメン

神奈川県はヘンなご当地ラーメンの宝庫である。家系ラーメンとか、サンマー

辛麺真空の"山"
町田駅 辛麺真空 胃壁に張り付きそうな激辛汁!

町田駅でラーメン食べる!と意気込んで、色々と探した挙げ句、結局面倒臭く

照明に調度品にとにかくオシャレ
蔵家 SAKELABO 酒販店の角打ち居酒屋に隙がない!

町田駅周辺に充実してきた立ち呑み居酒屋。その中でも是非紹介しておきたい

→もっと見る

PAGE TOP ↑